佐藤様の「Python 3 データ分析試験」合格までの学習法を公開しました。

  • 合格者情報
    • お名前: 佐藤 和宏 様
    • 合格された試験: Python 3 エンジニア認定データ分析試験

Q1:学習開始時点で、出題範囲に関する知識や実務等でのご経験はどの程度お持ちでしたか?
外資系コンサルティング企業のITエンジニアです(前職は日系SIer)。
AWS(Amazon Web Service)認定試験の専門知識(機械学習)を受験し本分野をより深く理解したいと思い、Pythonプログラムの学習を始め、Python3エンジニア認定基礎試験に合格しました。
プログラム言語としては、COBOL、C言語、Javaに関するスキルは保有していました。

Q2:あなたの学習環境(お仕事、学校ほか)においては、合格までにどのくらいの学習期間・学習時間が必要でしたか?
学習時間は約20時間です。仕事開始前の1時間と昼休み30分間の学習を継続しました。
公式書籍「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」をベースにPCにPython稼働環境を構築しロジックを実装して挙動を確認しながら理解を深めました。
プログラム初心者の場合、公式書籍内容は正直ハードルが高く、前段でインターネットに公開されているPython初学者向けのコンテンツを事前に学習した後で公式書籍に取り組んだほうが理解を助けると思います。また、開発言語の学習なのでPC上で動かしながらの対応が最終的に記憶に残ります。なお、本サイトの模擬試験については全3回とも90点以上獲得を目標に全3周し本試験に臨みました。

Q3:出題範囲のうち、もともと得意だった分野はどこでしたか?また、学習開始当初、苦手意識があったり習得に時間がかかったりした分野はどこでしたか。
AWS(機械学習)およびPython3エンジニア認定基礎試験に合格するスキルは習得していたので以下内容は問題なく対応出来ました。
・1章 データエンジニアの役割
・2章 Pythonと環境
・4章 ライブラリによる分析実践(Numpy, pandas, Matplotlib)
苦手意識があった、習得に時間を要したのは以下の内容です。
・3章 数学の基礎
・4章 ライブラリによる分析実践(scikit-learn)

Q4:学習開始当初、苦手意識があったり習得に時間がかかったりした分野を、合格水準まで引き上げるために工夫されたことはなんですか?
公式書籍の学習にあたっては3回読み込みました。1回目は全体概要を把握する意味で理解が薄い部分があっても対象範囲を流し読みしました。2回目以降はいわゆる精読で理解出来ない個所は実際に手を動かしてPythonプログラムのロジックを実装し、挙動を一つ一つ確認することで理解を深めました。本試験の内容はすべて公式書籍から出題されるため、スキルの偏りは極力排除することが重要だと思います。

Q5:当サイトの模擬試験は何回くらい繰り返しましたか?あなたの活用法を教えてください。
全3回をそれぞれ2回実施しました。本試験の設問内容を想定する意味でも本サイトの模擬試験は大いに役立ちました。単純に正解/不正解を確認するものではなく、正解/不正解の根拠をPythonでプログラミングしながら、確実に理解することが重要だと思います。

Q6:学習を効率よく進めるために行った工夫を教えてください。また最後に学習者のみなさんへのアドバイスもぜひお願いいたします。
自身の今後のキャリア形成を意識して取り組むことが非常に重要だと思います。試験に合格することは(最低限の)通過点であり、その先の目標(私の場合はPythonプログラミングスキルを習得し機械学習関連の専門スキルを獲得し他者差別化を実現すること)を明確に設定することにより、モチベーションを維持し学習への集中力も高まり結果的に本試験に合格出来ると思います。また自身の保有スキルに見合う学習法を理解する意味で本サイトの「合格までの学習法」の内容はぜひ一読をお薦めします。今年の取得目標としていた「DeepLearningG検定」も合格したため、今後は「統計検定」「DeepLearning E資格」取得を目標に関連スキルを習得して行きたいと思います。

「合格までの学習法」応募方法
PRIME STUDYでは、模擬試験を活用して合格されたみなさんの「合格までの学習法」を募集しています。ぜひご応募ください。