第1回Python3データ分析模擬試験【第38問】解説

第1回Python3データ分析模擬試験第38問

本問題では「scikit-learn」のうち「機械学習を用いて構築した分類モデルの評価指標および混同行列」について学びます。

本問題の解説はYouTube動画でもご覧いただけます。
【解説動画】
第1回Python3データ分析模擬試験 第38問
※当解説動画シリーズはPythonエンジニア育成推進協会に認定された「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の参考教材です。

問題

モデルの評価指標に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

① 機械学習を用いて構築した回帰モデルの良し悪しを評価する指標に適合率、再現率、F値、正解率がある。これらは混同行列から計算する。

② 適合率は予想するクラスをなるべく間違えないようにしたいときに重視する指標である。

③ 一般的に適合率と再現率はトレードオフの関係にある。つまり、どちらか一方の指標を高くすると、もう一方の指標は低くなる。

④ 正解率は、正例か負例かを問わず、予測と実績が一致したデータの割合を表す。正解率は(tp+tn)/(tp+fp+fn+tn)で計算することができる。

⑤ F値は、適合率と再現率の調和平均として定義される。F値は2*適合率*再現率/(適合率+再現率)で計算することができる。

解説

※ただいま公開に向けて準備中です。今しばらくお待ちください。