第1回Python3データ分析模擬試験【第26問】解説

第1回Python3データ分析模擬試験第26問

本問題では「pandas」のうち「データ連結(concat関数)」について学びます。

本問題の解説はYouTube動画でもご覧いただけます。
【解説動画】
第1回Python3データ分析模擬試験 第26問
※当解説動画シリーズはPythonエンジニア育成推進協会に認定された「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の参考教材です。

問題

pandasに関する次の記述のうち、正しいものはどれか 。

① 相関係数は、カラム間のデータの関係を数値で表すものであり、describeメソッドで取得する。

② DataFrameをNumPy配列に変換するには、values属性を利用する。この場合、インデックス名、カラム名は保持されない。

③ concat関数は、2つのDataFrameを連結する。引数にaxis=0を加えると列方向の連結となり、axis=1を加えると行方向の連結となる。この場合、行列の順序は必ず保持される。
④ pandasはNumPyを基盤に2次元のDataFrameと、より多次元のSeriesをデータ型として提供している。

⑤ corr関数に引数としてDataFrameを渡すと基本統計量グラフを出力することができる。

解説

※ただいま公開に向けて準備中です。今しばらくお待ちください。