第1回Python3データ分析模擬試験【第14問】解説

第1回Python3データ分析模擬試験第14問

本問題では「Numpyの基礎」について学びます。

本問題の解説はYouTube動画でもご覧いただけます。
【解説動画】
第1回Python3データ分析模擬試験 第14問
※当解説動画シリーズはPythonエンジニア育成推進協会に認定された「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の参考教材です。

問題

NumPyに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

① NumPyは配列や行列を効率よく扱うためのPythonのサードパーティ製パッケージで、配列用の型であるndarrayと行列用の型であるmatrixがある。

② NumPyオブジェクトの型を確認するためにはtype関数を、NumPy配列の形状を確認するためにはshapeメソッドを用いることができる。

③ NumPy配列の次元の変換を行うためにはreshapeメソッドを、2次元のNumPy配列を1次元に変換するにはravelメソッドまたはflattenメソッドを用いることができる。

④ NumPy配列の次元変換に用いるravelメソッドは深い参照を返し、flattenメソッドは浅いコピーを返す。

⑤ NumPy配列の要素のデータ型を確認するには、dtype属性を用いることができる。

解説

※ただいま公開に向けて準備中です。今しばらくお待ちください。